ドブ川見ながらカプチーノ

主張したいことはないです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大人の小説だったら書けるんじゃないの





小説を書いてみようと思うんですよ。

最近、池井戸潤のルーズ・ヴェルトゲームという小説を読んでいるのですが、この本、ベタのお手本です。


世の中には子どもの小説と大人の小説があります。

子どもの小説というのは太宰治のような純文学というジャンルで、
「どうしてこんなに僕は不幸なんだ!あぁ、もう人生に絶望した!何もかもが嫌になった」とひたすら自分の境遇を嘆く内容のものです。

ドラえもんの、のび太もこれに似たようなことを言っていますね。
「僕は本当に何もできない、ノロマで、クズで、弱虫で・・・」といった感じ。
全体的に陰鬱な結末を迎えることが多い傾向にあります。

これに対して大人の小説というのは、不幸な境遇に身を置きつつも、仲間で乗り越えて、ハッピーエンドを迎える内容のものです。週刊少年ジャンプのマンガが主にこの傾向ですよね。少年ジャンプと謳いつつ、しっかりと挫折、苦労、達成を経て大人に成長していくマンガを載せる。まさに大人の小説です。

前者の小説はまさに書けるべき人にしか書けません。太宰治の人間失格に至っては、人生で堕落し続けた経験がなければ書けないような内容になっています。つまり、作者が本当にそう感じたり考えたりしない限り、筆が進んでいかないのです。

後者の小説は空想や妄想で足ります。大航海時代を経験しなくてもワンピースは書けます。大人の小説ですから、物語を盛り上げる挫折エピソードを挿入し、仲間と乗り越える理由をくっつければ形になるからです。
それが、ルフィの少年独自の悲しみや憤りだけを詰めた子どもの小説にしようとすると、これを書くのは難しいでしょう。21世紀の人間が、16世紀に生きた人間の嘆きを作り上げるのは無理があるからです。


そんなわけで、僕もある程度決まったルールに従えばそれなりの形になる大人の小説だったら書けるのではないかと思ったので、即席で作ってみようと思います。

テーマはなんでもいいです。じゃぁ、登山にしましょう。ちょうど今、テレビで富士山が映っていました。
ルールは、挫折→苦労→達成の流れを汲むこと。それのみです。



タイトル「富士山」


翔太は富士山に登りたかった。理由はややあるが、子どもの頃からの夢だったのだ。いつか富士山に登りたい。いつか、富士山の山頂で日本の形を眺めたい。翔太は高校を卒業後、すぐに手に職をつけて資金を貯めることにした。富士山を登る軍資金として。

しかし、父の正造はそれを許さなかった。
「バカは何でも高いところに上りたがる。登山をするモンはバカモンだ」
それが彼の口癖でもあった。

翔太と正造はいつも衝突した。登山について何も分からないくせに!
そう言って家を出たこともあった。その時、父が顔に悲しげな影を落としたことを翔太は見逃さなかった。

あるとき、正造が倒れた。
幸い大事には至らなかったが、病院でしばらくの安静が必要らしい。翔太は正造が病室で必要になる物を取ってくるため、初めて正造の部屋に入った。

正造の書斎を整理していると、翔太は驚いた。正造が若い頃に登山をした写真のアルバムが出てきたのだ。どれも古い写真ばかりだ。20代、正造は親友の浩助と一緒に日本の山を制覇していたらしい。そしてアルバムをめくっていると、最後のページに浩助からの手紙が挟まっていた。

「来年は富士山に挑戦しような」

しかし、いくら探しても、正造と浩助が登ったらしき富士山の写真は出てこなかった。


病室、翔太は正造にこの件について話した。すると、正造はポツリポツリと話し始めた。
「実は、俺が若い頃、お前のように登山が大好きだったんだ。親友の浩助を誘っては、山という山を登り尽くしていた。

そして30年前のあの日、俺と浩助は富士山に挑戦した。8合目まで行ったかな。あと少しで頂上だという時に、不意に足を滑らせた浩助は転落していった。その後、病院で手当を受けたが、あいつは亡くなった。俺がもっと注意していれば。俺のせいだったんだ。
何度も自分で自分を責めた。そして、二度と自分の身内を登山させまいと誓ったのだ」と。

翔太は言った。父さん、過去から逃げてばかりじゃだめだ。もう一度、富士山に登ろう。三ヵ月後は30年前の浩助の命日だ。その日、一緒に富士山に登って、墓参りをしよう。

正造は思った。今、患っているこの病も、元々はあの日の罪悪感から来ているのかも知れい。
正造は初めて、翔太の言うことに首を縦に振った。


三ヵ月後、翔太と正造は富士山に登った。そして、八合目に着いた。
30年経っても忘れもしない、あの場所。そこに行くと、一つの墓標が立っていた。
「吉田浩助 享年29歳」紛れも無く、彼の墓標だった。

翔太と正造が手を合わせていると、一人の女性がやってきた。
そして、正造に近づくなり「もしかして、中村正造さんですか?」と聞いてきた。

話を聞くと、女性は浩助の妻だという。正造は驚いた。そして、謝罪をした。
「申し訳ありませんでした。私のせいで、浩助を死なせてしまって。あの日から私、ずっと登山から離れていました。浩助も私を恨んでいることでしょう」

すると妻は震える正造の手を握って言った。
「そんなことはないのです。夫は病院で、私にこう言ったんです。
『正造に伝えてくれ。俺のせいで登山を諦めるな。俺が死んでもいつかきっと、富士山を登りきってくれ』と。
私はすぐにこのことを正造さんに伝えたかった。それが亡き夫の最後の言葉だったから。

でも、正造さんは私の前から姿を消してしまった。連絡をとる手段もなかった。だから私は、夫の命日に毎年ここまで墓参りすることにしたのです。そうすれば、正造さんもいつか心の整理がついた時に、夫の命日に墓参りに来てくれるだろうと思って」

それを聞いた正造は泣き崩れた。
すまなかった、と言って。

富士山の夜明け前の闇が正造の涙を優しく隠した。


END



どうですか、これ。なんすか、これ。
途中からちょっと正造に感情乗りすぎて翔太が空気になってしまいました。

こんなくだらん話考える暇があったらルーズ・ヴェルトゲームの続きを読み進めるとしますわ。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/09/23(火) 23:05:26|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<自転車無双 | ホーム | 泣く子も黙る鬼のコミュ力>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dobugawaminagara.blog.fc2.com/tb.php/57-6e7a3969
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。