ドブ川見ながらカプチーノ

主張したいことはないです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

個性としての笑い声







例えば、インターネットをしててよく見かけるのが、

「wwwww」

という、フレーズなんだけど、これは何かに対して笑っている時に使うものじゃないですか。
(笑)の「わらい」が省略されて最初の「w」だけが残ったという説もあれば、
「w」がそもそも笑っている人の口元のようだからという説もあるし、
ピラミッドはそもそも墓なんかじゃないという説もあります。

インターネット上の文字媒体で人間の感情をどのように表現するのか?というのは永遠のテーマなのです。
「テメー、ふざけんなよ」このセリフを笑って肩パンしながら言えば、受け取る側も冗談だなと簡単に分かるのですが、
メールという文章だけの世界でこのセリフを使ってしまうと、場合によっては「本当に怒らせてしまったのでは?」と正しく感情の
疎通が取れないことがあります。
「テメー、ふざけんなよ。わしゃオードリー・ヘップバーンか!」このぐらいまでしないと、
文字だけで冗談を冗談だと相手に伝えることは難しいものです。


そもそも、文字という限られた中で、相手に自分の感情を正確に伝えろとは贅沢な注文です。
どうすれば「笑ってる感じ」を演出することができるか?先人達は頭をひねって考えました。

手塚治虫は、何も音がしないという効果音「シーン」を発明したことで知られていますが、
それと同じくらい困難なことです。かぐや姫が貴族に課した条件並みの無理難題に立ち向かい、
長い年月をかけて、ようやくたどり着いた答えが「wwwww」なのです。

しかし、現代の僕達はそれに甘んじて、何の疑問もなく「wwwww」を使っているわけだけど、
はた、と立ち止まって考えてみる。果たして、それでいいのか?笑い声が、そんなんでいいのか?


なぜそう思うようになったかというと、この前、踊るさんま御殿を観ている時に
「笑い声がデカい奴ほど、場の中心にいる」ということに気付いたんですよ。

明石家さんまの笑い声なんかその最たるものですが、彼は「アァー!アァー!」というハイトーンで笑うじゃないですか。
あの笑い声を聴くだけで何故かこっちも笑ってしまう。引き笑いの引き寄せ笑いですよね。

笑い声が面白いのは一つの才能です。なぜなら人の笑い声は兄弟でも全く違うものだから。
笑い声は個性の象徴なのです。

世界中探しても、自分と同じ笑い声の人はいないのです。
「だはははー教壇に立っておしっこするじょー ジョジョー」と笑う人もいれば、
「クックック・・・最初の遊びの段階で止めておけばよかったものを・・・」と嗤う人もいるし、
「フン、藤木くん、君はいつだって卑怯だよ」と哂う人もいる。

人の数だけ笑いがあるというのに、簡単に「wwwww」だけで統一していいのでしょうか。
「w」の数が、笑いの大きさを表してる、なんてシレーっと言っていいんでしょうか。

「wwwww」ってのは、車のクラクションと同じなんですよ。
老若男女、誰が押しても、いつ押しても、同じ音、同じ大きさでクラクションは鳴るわけでしょ。
違うのは押す長さだけであって、あとはみんな同じ。それと「wwwww」は変わらないのです。

笑い声が、車のクラクションと同じわけがない。そうなんです。そこにみんな気付くべきです。
笑い声は人の個性。しかしながら、インターネット上では「wwwww」という無機質なクラクションでしか
笑いを表現できていない。ここに大きな問題があります。

僕が提唱したいのは、あらかじめ自分の笑い方を文章に興しておいて、ここで笑うぞ!という時に、
コピペする方法なのです。これで、笑い方がクラクション化されることは無くなるのです!



そして、ある日のインターネットの風景


「俺は今日も今日とて電車に乗っていたわけだ」

「うん」

「満員電車だったからモミクチャにされてたんだけど、構わずハンバーガー食べ続けてたらさ」

「うん、モミクチャの満員電車でハンバーガー食べてちゃダメだね」

「電車の揺れでハンバーガーのソースがサラリーマンのスーツに付いちゃったんだよ アァー!アァー!」

「ほら言わんこっちゃない」

「さすがにやばいと思ってさ アァー!アァー!
分からないように手でしっかり拭いておいたけど、べったり股間に跡が残ってたわ アァー!アァー!」

「ていうかサラリーマンの股間をしっかり触ってんじゃねーよ!絶対お前ホモだと思われただろ!」

「アァー!アァー! アァー!アァー!」


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/04/30(水) 22:10:54|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<感情で遊ぼう | ホーム | ちょっとだけよ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dobugawaminagara.blog.fc2.com/tb.php/48-611963a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。