ドブ川見ながらカプチーノ

主張したいことはないです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

デジモンブームの再燃と沈静化まで





平成元年、2年生まれである僕らは「デジモン」というゲームのまさに
直撃世代でした。

デジモンは当時流行っていたポケモンとたまごっちのハイブリットみたいなもので、
自分のモンスターを育成し、友達のモンスターと戦わせて強くしていくという、
闘鶏みたいなもんです。男だったら誰でもハマるゲームデザインが魅力的でした。

女の子はどうか知りませんが、男の子ってやっぱり「対戦」という言葉に
弱いじゃないですか。さらに「究極進化」とか最高に心の琴線に触れるよね。
たまごっち?なにそれ。育てて終わりなだけって何が面白いの?って話じゃないですか。

そこをいくとデジモンは、トレーニングして、規則正しい生活をして、公園に行って友達と対戦する。
これが楽しくないわけがない。僕もお母さんにねだってねだって、
将来はネゴシエーターの職も悪くないなって思えるほどの粘り強い交渉をみせて、買ってもらいました。

調べてみるとデジモンの発売は1997年とあったので、僕が小学校2年生か3年生の頃の話です。
当時はコロコロとかにデジモンの紹介文が載っていて、

「発射すれば狙うものを逃さず確実に滅するミサイルを持つデジモン」とか、
「その炎に焼かれたものは何人とて骨になってしまうデジモン」とかあって、
だったらこのデジモンたちが戦ったらどっちが強いねんって疑問に思っていました。

最強のミサイルと最強の炎が戦った時、どっちが最後に残るのか?
これが転じてなんやかんやあってできた言葉が矛盾だって話です。
矛盾という言葉はデジモンからきていたのですね。


この前、僕と同い年の友達とドライブに出ていた時に、デジモンの話になりました。
僕は宮城県で彼は栃木県で、同じ時期、同じゲームにハマっていたのです。

まぁまぁ、これはよくある話で、やっぱり男といえばデジモンだよね。
絶対ハマるよね、あれって。という流れになったのです。

そして彼は続けました。

「低学年の頃に流行ったデジモンも、5年生くらいになるとブームが去ってしまうんだよね。
当時持っていたゲームも全部引き出しにしまっちゃって、そのまんま。

それから中学2年生くらいになって友達の家に遊びに行った時、たまたまデジモンを見つけてさ。
そいつ、家が金持ちだったから5,6個デジモン持ってたんだよね。そんなにデジモンがあるんだったら、
仲のいい友達に配って俺達だけでもう一回デジモンやろうぜって話になったんだよ」

もうね、びっくりしました。同じような展開、僕の地域でもあったからです。
確かに、デジモンは低学年の時に流行ったのですが、やっぱり6年生くらいになると誰も
やらなくなるんですよね。でも、捨てるわけじゃないから引き出しに思い出としてしまっておいている。
それは僕だけじゃなく、どの家庭でもそうしていたみたいです。

そうして年月が過ぎて中学生の頃、偶然引き出しからデジモンを見つけて、
当時の情熱がよみがえり、男心に火をつける。全く一緒でした。

僕も興奮してきて、

「宮城県でも同じだったわ。中学の頃にまたデジモンブームが再燃して、
学校にみんなでデジモン持ってきて遊んでたんだよな。

そしたらあまりに流行りすぎて、あるときベランダで対戦してたら先生らが
一斉摘発のためにやってきて、逃げ遅れた友達が詰問されてしまったんだよ。
その一件の後、すーっとブームが沈静化しちゃったんだ」

すると今度は彼がびっくりしていました。
全く同じだと。彼の地域でも学校で流行りすぎて、ある一人の生徒が先生に見つかり、
デジモンが没収される事件があったと、それ以来、デジモンブームは過ぎたと。

そのときね、やっぱり違う土地で違う環境で生まれ育っても、
やってることは一緒でバカなんだなと、思ったわけですよ。


どの学校でも校庭に犬が侵入してきたらみんな窓から顔を出して騒ぐし、
おにごっこ中、勢い余って頭からガラス窓に突っ込んで大怪我するし、
水泳の時間、誰も居ない教室に忍び込んで好きな子の服の匂いを嗅いでいたりするんですよ。
まぁ、後半はうちの地域だけだって話はあるんですけども。

そんなわけで、うちの地域でも同じように中学校の頃にデジモンブームが再燃して、
先生に怒られて沈静化したって話があったら教えてください。

あれから10年以上も経ちましたね。当時を振り返って一緒に飲みましょう。


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/03/02(日) 23:13:28|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<気遣い使いに気づきたい | ホーム | 絶叫系に乗れない僕がディズニーシーに行った話>>

コメント

すごい、まったく同じですね。

僕らの場合はミニ四駆でした。小学校低学年で流行り消えて、中学になって使えるお金も増えて、ミニ四駆ブームが再燃。

学校内でミニ四駆レースしてたら怖い先生に捕まって、一人が犠牲になって収束しました…w
  1. 2014/03/06(木) 22:23:20 |
  2. URL |
  3. ろりつね #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dobugawaminagara.blog.fc2.com/tb.php/42-f4c7b249
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。