ドブ川見ながらカプチーノ

主張したいことはないです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

なんでも「草」す日本人




草野球をやってる。

それにしても、「草」野球とはとても日本人らしい謙遜した表現である。
20代の頃から近所のママ友を集めて「若妻会」という名の女子会を長年やってきたけれど、
齢40にもなるとそろそろ「若妻」なんて冠名に引け目を感じてくるので、「悠々会」という
何の事かさっぱり分からない名前に変えてようやく落ち着いたんだという母親の言葉を思い出す。

立派な球場を借りて、高校球児出身の選手揃えて、本格的に練習をしていても「草」野球だと言い張る。
どうせウチらなんて「草」でっせー。そこまで強くないでっせー。たまにエラーしまっせー。
マネージャーとしてやってくる女の子目当てにしても怒らないでねー。なんていう言い訳心が
少なからず見え隠れする。

一応、野球はしてみるけど、失敗しても大目に見てね、という心が「草」の一字に込められている。
とりあえず動画はアップしたよ。上手かったら褒めてね。下手でも批判しないでね。
所詮は 歌って「みた」 だけだし。 踊って「みた」 だけだし。みたいなもんである。

それでね、僕の守備位置は必ずレフトって決まっているんですよ。中学生の頃からずっと。
外野しかできないもんな。ボケーッと突っ立ってて、ボールが来たら捕球して内野さんに返すだけ。

ベルトコンベアで延々と流れてくるペットボトルのうち、倒れているモノを立て直すバイトに似てる。
だって打球が1球も飛んでこないで試合終わることあるもんね。

外野という守備位置は楽ですよ。観客と同じ気持ちで試合を観戦できるからね。
選手なのにお客さん気分。こんな当事者意識のないポジションなんて他のスポーツにないよ。



外野と違って内野選手は「俺たちが試合を動かしているんだ」という気持ちが強いと思う。
霞ヶ関で働く官僚達は「俺達が明日の日本を変えるんだ」という熱い気持ちで日々がんばっているけど、
僕なんて定時ですぐ帰っちゃうもんね。「お先しますわ。今日、録画したIPPONグランプリ見なきゃだし」
なんて帰っちゃう。そりゃ、外野と内野の温度差は違いますよ。

内野選手はどこどこのチームといついつ対戦した時、あのプレーはこうこうだったよね、
なんて詳細な思い出話を語ってくれるんだけど、僕なんて全然覚えてないもんね。
大会で優勝したのか敗退したのかも覚えてない。でもあんまり知らぬ存ぜぬと刑事に問い詰められた
犯人みたいに振舞っていると良い顔されないので、相手の顔色を伺いながら話を合わせて
早々に話題を切り上げるのに全力を注ぐことしかできないのです。

それで、いつも熱い気持ちを持っている内野なんですけど、その中でも輪をかけてね、
頭おかしいんじゃないかというポジションがあるんですよ。

それはキャッチャーなんですけど、捕手やる人は頭がイカれているとしか思えないね。
漫画『MAJOR』で捕手をする小学生がいたけど、そんな小さな頃から
イカれていたらとんだFunky Boyに成長しますよ。

だってさ、キャッチャーですよ。知ってますか、ピッチャーの剛速球を何度も何度も
捕らなきゃいけない。しかも邪魔くさいことにマスクしてですよ。
そんなもん、捕れるかっちゅう話ですよ。変化球も織り交ぜてきて、
なんでわざわざ捕りにくい球を投げるかね。

百歩譲って投げる球を捕り続けることは良しとしましょう。
なんでだかバッターが横に立ってきますからね。しかも何を血迷ったか、バットを振って
こちらを妨害してくるわけですよ。ただでさえマスクで見えにくい球がバットのスイングで
余計に見えにくくなるしさ、誰がこんな球捕れるか。バカにすんなよ。

しかも、しゃがんだ体勢で一試合、暑い太陽の下で交替もなくやり通さなければいけない。
こんなもん、頭イカれてる人じゃないとできない所業ですよ。

野球にはこんな専門職があるせいで、いつまで経っても世界ではサッカーほど流行らないんだと思いますよ。
ほんとね、キャッチャー職の人には頭が上がらないです。



僕は「草野球をやってます」と言っても、外野に突っ立っているだけだし、
打順が回ったら打席に入っているだけだし、頭数足りないから借り出されてるだけなのです。
特に守備の連携を考えるでもなく、こんな場面ではこんなプレーが想定されるな、というミーティングに
参加するでもなく、ただただ、「帰ってIPPONグランプリの録画を見たい」という気持ちを抱えて
試合が終わるのを心待ちにしているだけなのです。

こんないい加減な気持ちで参加しても何の問題もないので、
やっぱり「草」野球は「草野球」のままでよろしいと思うんですね。


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2013/06/18(火) 23:44:29|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<折り畳み傘をバックに入れて常に持ち歩いている男は嫌いだ | ホーム | 救われる歌>>

コメント

長文二本立てごちそう様。
  1. 2013/06/20(木) 08:26:17 |
  2. URL |
  3. 574 #-
  4. [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2013/07/24(水) 17:27:49 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dobugawaminagara.blog.fc2.com/tb.php/32-03c1e64b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。