ドブ川見ながらカプチーノ

主張したいことはないです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

こんにちは親戚ちゃん こんにちは赤ちゃん



結婚をしました。今年の4月に。

高校生の時にマックでスマイルお持ち帰りを注文して、店員さんに空の袋に小さくニコちゃんマークを書かれて手渡された経験のある僕でも結婚はできるんです。良い世の中ですね。

「妻よ」「夫よ」と呼び合ってその違和感にくすぐったくなってワチャワチャと楽しんでいる新婚雰囲気が落ち着いた11月、来るべき時が来ました。親戚付き合いです。

もともと僕の家系はお祭り好きが多いので、何かあると親戚が集まって宴会が始まるのです。さらに11月には親戚が一同に会す大宴会が毎年開催されます。

今年で20回目を数えますが、参加人数は総勢40人。さながら、企業の忘年会のような力の入れようです。もちろん、余興もあります。考えてみてください。自分の両親と兄弟が見ている前で、ステージで女装してUFOを踊るんですよ。どうですか。簡単に引いちゃうでしょう。

子どもの頃からそのような愉快な親戚付き合いをしてきた僕ですが、一方、奥さんはというと全く親戚付き合いをしないで今までご成長なさってきたようです。覚えているのは、小学1年生の頃にお婆ちゃんの法事で親戚の顔をぼんやり眺めたくらい。それ以来、両親の兄弟と会ったことがないそうです。典型的な核家族。

言ってみれば、僕と奥さんの家庭環境は両極端もいいところ。開放的対閉鎖的。性格も全く違うのです。

ですから、奥さんに11月の親戚一同大宴会に連れて行くよと言うと、露骨に嫌な顔をされてしまいます。親戚ってなに?何で集まるの?誰か死んだの?という始末。これは困りました。

付き合っている内は別に親戚のことなんか考えなくても構いませんが、入籍してしまうと話は別です。日本の風習では昔から嫁は夫の家に入ると言いますが、どんなに嫌だとしても「こちらが僕の奥さんです」と親戚の皆さんにお披露目しないことには居心地が悪くって仕方ありません。

そんなものだから、奥さんに縄をつけて無理やり宴会場に連れてきてやりました。奥さんも立派な社会人ですから、愛想笑いの一つでもしていれば難なくやり過ごせるはず。そう僕は踏んだのです。

結果、大失敗。
奥さんのお披露目に失敗もクソもあるかと思いますが、認めましょう。惨敗です。帰りの電車でポツリと「私とあなたは出会うべきではなかったのかもしれない」とつぶやていました。僕は一言、「今の聞かなかったことにする」と返すのが精一杯。これは困りました。

何がどう失敗したのかというと、色々な原因はありますがその中の一つに、奥さんが「知らない人間とそれなりに楽しくやり過ごす」という技を持ち合わせていなかったことに尽きます。

簡単に言えばコミュニケーション能力の欠如なのですが、これはやはり一朝一夕では身に付かないものです。奥さんも少しはやれるだろうと思っていたらしいのですが、何も手が出ず何もできず、ただただ時間が過ぎていくのを待つしかなかったと言います。

これを聞いて僕は帰りの電車でぼんやり考えていました。嫌で嫌でたまらないのなら、親戚付き合いなんてやらなくていいじゃん、と。そしてもっと考えを巡らせます。そもそも、親戚付き合いって誰のためにやっているんだ?大人同士の自己満足のためか、家の近況を報告し合って無事を確認するためか、昔からやっているから慣習として何となくやっているのか。

そして一つの結論に辿り着きました。
親戚付き合いは子どものためにやっているのではないか。

僕は自慢じゃないですが、知らない人間と1時間は楽しくおしゃべりできます。その能力のルーツは、子どもの頃から参加し続けてきた親戚付き合いにあるのではと思うのです。よく知らないおじさん、おばさんと長い時間一緒にいて、「何歳になった?」「学校はどうだ?」とデリカシーもなくプライベートな内容を根掘り葉堀り探られる。時には「下の毛は生えたか?」と無礼な質問をする大人もいます。手荒いのです。

しかしそんな親戚付き合いをずっと経験していると、誰とでも一定の水準でお話ができるという能力を体得するに至るのです。コミュニケーション能力を養成する最高の環境であると言えます。

今回の親戚大宴会にも、参加者の半分くらいは子どもたちが占めていました。恐らく彼らも、これから会を重ねることで社会性を養い、微妙な人間関係を嗅ぎ分けてうまく世を渡っていく技を身に着けた大人に育っていくことでしょう。


さてそんなわけで話は元に戻りますが、親戚付き合いは子どものためにあるので、大人のためにあるわけではありません。したがって、奥さんが今後、何度も会に参加したとしても社会性を養うことができません。親戚付き合いが辛いな、という思いは、死ぬまで拭いきることができないのです。なんて希望のない話でしょうか。

そんな親戚付き合いをいくらか和らげてくれる方法はないものでしょうか。実は、一つだけあります。子どものお世話です。

自分の子どもをお世話して、立った、座った、泣いた、笑ったと子どもの一挙手一投足を実況しているだけで何となく間が持ちます。むしろこれしか手立てはありません。奥さんを救うには子どもをこしらえるしかないのです。

さぁ、結論はすでに出ました。
僕は腹をくくり、奥さんは腹を大きくするしかありません。
将来はマックでビックマックのバンズのみを注文するような子どもが生まれてきてくれればいいなと思います。



スポンサーサイト
  1. 2014/12/22(月) 17:54:32|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。