ドブ川見ながらカプチーノ

主張したいことはないです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

楽しいヤツは面白くない





以前、テレビで日本に留学中の学生のドキュメンタリー番組を観ていた時のこと。
その学生は日本のお笑い番組を観ると、笑いながら必ず「楽しいなぁ」と言うのです。

ホストファミリーが、「アレックス、それは楽しいではなく、面白いと言うのだよ」と
教えてあげても、アレックスは「楽しいなぁ」「このネタ、楽しい」と言うのです。

その時思ったのですが、外国人に「楽しい」と「面白い」の違いを教えるとしたら、
どういう風に説明すれば分かってもらえるのでしょうか。

「楽しい」と「面白い」の違い。
これがなかなか、分かるようで分からない、でもちょっと分かるかもという、
中学生が考えたポエムみたいにムズムズするものなのです。


思うのですが、ディズニーランドに恋人と一緒に遊びに行って、互いにピグレットの耳の被り物を
つけて園内を練り歩いたら、これは確実に「楽しい」ですよね。決して、「面白い」ではない。
心がワクワクするような、次はどんな乗り物に乗ろうか?とテンションが上がる楽しいシチュエーションです。

しかし、法事にて、お経を聞きながらコックリコックリいっている親戚のおじさんに、
バレないように後ろからピグレットの耳を被せることに成功したら、これは確実に「面白い」ですよね。
思わず吹き出してしまうような、笑いが抑えられない面白いシチュエーション。「楽しい」ではない。

ピグレットの耳の被り物という同じアイテムを使っているけれども、一方のディズニーランドでは
「楽しい」という状況になり、一方の法事では「面白い」という状況になる。

ここに何か、「楽しい」と「面白い」の分水嶺が存在します。


もう少し例を挙げると、街中でいい歳した男がミニスカートの女子高制服を着て普通に信号待ちしていたら、
写メを撮りたくなるぐらい面白いじゃないですか。実際、この前街中で40代のオッサンJKを見かけて、
いろいろな趣味が世の中にあるもんだと興味深く見てしまいました。

でも、どんなに変な格好をしても、ハロウィンの仮装パーティに出席していればとても楽しいように
見えてしまう。不思議ですよね。ここから導き出されるものはなにか。

「楽しい」と「面白い」には愉快でおかしみな要素を含んでいることは共通しているけれども、
そこに意外性が含まれるかどうかで違ってくると思われます。

吉本新喜劇のチャーリー浜の定番ギャグで「ごめんくさい」というものがあります。
これは普通のサラリーマン風の男が「ごめんください」と挨拶するのではなく、
「ごめんくさい」と挨拶するという内容です。
真面目そうな外見なんだけど挨拶がふざけているというギャップがあるので、
観客は笑ってしまう。「やられた!」という意外性があるので、「面白い」と評価される。

ピエロは、愉快な芸をするという点でチャーリー浜と同じですが、見た目がすでに愉快ですよね。
「今からおかしみのあることをしますよー!笑顔にさせまっせー!」というメッセージが
外見からビンビン伝わってくる。見た目とやることにギャップがない。
意外性がないので、ピエロは「楽しい」と評価される。


クラスにお調子者っていますよね。ひょうきんで、今にも愉快なことを仕出かそうとしている人。
ちびまる子ちゃんの山田くんみたいな、「アハハー 教壇でおしっこするじょー」とか言うヤツ。
そこまで極端じゃなくても、愉快な雰囲気でいつもみんなを笑顔にさせている人はいる。

確かに、そんなヤツはクラスの輪の中心にいて、人気者かもしれない。
でも、ソイツは楽しいヤツではあるかもしれないが、決して面白くはないのです。

これね、僕がひがんで言っているわけではないですよ。愉快な雰囲気を醸し出して
愉快なことをするヤツは全員、楽しいヤツなのです。面白くない。

面白いヤツっていうのは、いつもクラスの隅っこにいて、ねっちりと物思いにふけっているヤツのことですよ。
真面目そうな雰囲気なんだけど、言うことはとても愉快。これはねぇ、まさしく面白いヤツですよ。
「やられた!」って思うものね。意外性がある。

これを読んでいるあなた、クラスの人気者に対して「アイツは全然面白くない。俺のほうが面白い」と
心の中で思っているかもしれませんが、これは正解です。「面白いヤツ」はクラスの輪の中心にはいません。
面白いヤツはいつだって郊外のひっそりとした路地裏に店を構えている。

楽しいと面白いは元々、土俵が違うのです。だから堂々と、胸張って言いましょうよ。
あなたは楽しい人です。私は面白い人です。


雑誌なんかを読んでいると、女の子が彼氏に求める要素は「面白い人であること」がいつも
上位にきていますが、それは本当なのかと。クラスの中心にいて、人望も厚い
楽しい人が好きなんじゃないかと、僕は思うわけですよ。

まぁ、自然に考えて、ねっちりと、何を考えて何を言い出すのか分からないような人よりも、
愉快で親しみのある雰囲気を出しつつ、周囲の人を笑わせている人がいつの世も女性にモテますからね。

だからね、郊外で人知れずお店を開いている諸君。
「私は面白い人が好きなの」という言葉に釣られてはいけません。
気合入れて鼻をフガフガさせてガンガンアプローチするのは早計です。

アイツらの指す「面白い」とは、カジノとかグローブ座とか巨大デパートという、
都市の中心部に建っているような、とっても楽しいヤツらのことを言っているんですよ!

スポンサーサイト
  1. 2014/03/15(土) 23:35:35|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

気遣い使いに気づきたい




常日頃から思っていることなのですが、人がする気遣いに全て気づきたいんですよ。

例えば、エレベーターに乗る時に「何階ですか?」と聞いてくれたり、
「水もらえますか?」と言ったらペットボトルのキャップを外して渡してくれたり、
「ボールペンを貸してください」と言ったら手元のメモ用紙にインクが出るか試し書きして
渡してくれたり、そういう気遣いを全部まるっと気づきたいんですよ。

やっぱり、他人のやってくれる気遣いというものは、自分が気遣う側の人間じゃないと
分からないものじゃないですか。

自分は全部やってもらって当然ジャーンという、子どもがそのまま年食って大きくなって
屁こいて寝ていただけの大人っていますけど、そんな人間は他人の気遣いに対して何も感じず
ずっとスルーし続けてしまうだけだと思うんですよね。

気遣いという文化はとっても日本的で、静かで、謙虚なものです。
基本姿勢は相手に気づかれないようにすることです。
あくまで、自然に。気遣いなのか何なのか分からないぐらい迷彩をかけるのがミソです。

「はい!今からね、僕がね、あなたにね、気遣いをみせますからね。
目ん玉かっぽじってよーく見てていただきたいんですけれどもね、はいよーっ!」
と意気込んでやるものではない。相手が不快に思わないよう、軽く一手間加えるだけ。
この一手の妙の達人が世の中にはいるんですよ。

石田光成も若い頃、鷹狩りから帰ってきたお客にお茶を差し出すときは一杯目はぬるく、
二杯目は少し熱めに、三杯目は熱々にするという気遣いをしていました。

やっぱり汗を流して帰ってきた時はグイッとお茶を飲みたいじゃないですか。
マニュアル通りに熱々のお茶でおもてなしするのではなく、ぬるめのお茶をまずは差し出す。
それがなんとスマートなことか。シビれてしまいます。


先輩とカラオケに行ったりするじゃないですか。フリータイムでドリンクバー付き。
最高の時間ですよね。そんな時は必ず、僕は先輩がジュースに氷を何個入れるか確認しています。

人によってジュースに氷を何個入れるかは全く異なります。
キンキンに冷えているジュースを飲みたい人はアホほど氷をたくさん入れますし、
申し訳程度に一個だけ氷を入れる人もいれば、俺はジュースを飲みにきたんだ。味のしない氷なんかいらねぇぜ、
と氷を断固として入れない人もいます。

なぜ氷の数を覚える必要があるのかというと、カラオケの合間にジュースをくみに行くとき、
その人が思う最適な氷数を入れてあげたいんですよ。自分のいちばん丁度いい氷数でジュースを飲めば、
最高に美味しいじゃないですか。

氷がチビチビになっていたら、新しいのと取り替えてあげる。
ウーロン茶の次にメロンソーダを飲む場合は、一度水でコップを洗ってからジュースをくむ。
ストローをさして飲む派だった場合は、必ずストローをつけて持っていく。
カラオケ部屋の奥の席の人には積極的に「ジュース何にします?」と声をかける。

これらの気遣いを全てやったところで、多分、気づかれませんよ。
「カラオケ楽しかったな」という印象だけで、ジュース美味しかったなぁ、なんて残りません。

けれども、「気遣いした相手に気づかせない」という一点こそが、気遣いの真髄なのです。
相手にした気遣いは決して報われるものではありません。そっと自分の心にしまっておくだけです。

なんと奥ゆかしいんでしょう。自分を抱きしめたくなります。お前は誰に言われるでもなく
よくやってるよな、俺は知ってるぜ。そんな感じです。いいですよ、気遣い。
自分で自分を肯定するしかないから、自然と自分が好きになる。おすすめです。

そんな性癖があるもんですから私、誰に気づかれるでもない気遣いをしている人を見かけると、
肩をポンと叩いて「お前もか。本当によくやってるよ。あまり人に気づいてもらえないかもしれないけど、
腐らずにその生き方を貫いてくれよ」と声をかけてやりたくなります。
そういう人を見かけると愛おしくてたまらない。


一般的に、いっぱい気遣いをしてやろうという人はそんなにいません。
そりゃ、すぐ結果が出るもんじゃないし、他人は他人なんだからやらなくたっていいジャンと
おっしゃるのはもっともです。

けれども、世の中に隠された数多くの気づかれない気遣いを見つけて採集し、
心の中にそっとしまっておく趣味があってもいいんじゃないかと思います。

スタンド使いはスタンド使いと惹かれ合うと言いますが、気遣い使いに出会ったときは
目配せして、無言の合図を送り合うのもオツかと思います。




  1. 2014/03/09(日) 23:47:21|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デジモンブームの再燃と沈静化まで





平成元年、2年生まれである僕らは「デジモン」というゲームのまさに
直撃世代でした。

デジモンは当時流行っていたポケモンとたまごっちのハイブリットみたいなもので、
自分のモンスターを育成し、友達のモンスターと戦わせて強くしていくという、
闘鶏みたいなもんです。男だったら誰でもハマるゲームデザインが魅力的でした。

女の子はどうか知りませんが、男の子ってやっぱり「対戦」という言葉に
弱いじゃないですか。さらに「究極進化」とか最高に心の琴線に触れるよね。
たまごっち?なにそれ。育てて終わりなだけって何が面白いの?って話じゃないですか。

そこをいくとデジモンは、トレーニングして、規則正しい生活をして、公園に行って友達と対戦する。
これが楽しくないわけがない。僕もお母さんにねだってねだって、
将来はネゴシエーターの職も悪くないなって思えるほどの粘り強い交渉をみせて、買ってもらいました。

調べてみるとデジモンの発売は1997年とあったので、僕が小学校2年生か3年生の頃の話です。
当時はコロコロとかにデジモンの紹介文が載っていて、

「発射すれば狙うものを逃さず確実に滅するミサイルを持つデジモン」とか、
「その炎に焼かれたものは何人とて骨になってしまうデジモン」とかあって、
だったらこのデジモンたちが戦ったらどっちが強いねんって疑問に思っていました。

最強のミサイルと最強の炎が戦った時、どっちが最後に残るのか?
これが転じてなんやかんやあってできた言葉が矛盾だって話です。
矛盾という言葉はデジモンからきていたのですね。


この前、僕と同い年の友達とドライブに出ていた時に、デジモンの話になりました。
僕は宮城県で彼は栃木県で、同じ時期、同じゲームにハマっていたのです。

まぁまぁ、これはよくある話で、やっぱり男といえばデジモンだよね。
絶対ハマるよね、あれって。という流れになったのです。

そして彼は続けました。

「低学年の頃に流行ったデジモンも、5年生くらいになるとブームが去ってしまうんだよね。
当時持っていたゲームも全部引き出しにしまっちゃって、そのまんま。

それから中学2年生くらいになって友達の家に遊びに行った時、たまたまデジモンを見つけてさ。
そいつ、家が金持ちだったから5,6個デジモン持ってたんだよね。そんなにデジモンがあるんだったら、
仲のいい友達に配って俺達だけでもう一回デジモンやろうぜって話になったんだよ」

もうね、びっくりしました。同じような展開、僕の地域でもあったからです。
確かに、デジモンは低学年の時に流行ったのですが、やっぱり6年生くらいになると誰も
やらなくなるんですよね。でも、捨てるわけじゃないから引き出しに思い出としてしまっておいている。
それは僕だけじゃなく、どの家庭でもそうしていたみたいです。

そうして年月が過ぎて中学生の頃、偶然引き出しからデジモンを見つけて、
当時の情熱がよみがえり、男心に火をつける。全く一緒でした。

僕も興奮してきて、

「宮城県でも同じだったわ。中学の頃にまたデジモンブームが再燃して、
学校にみんなでデジモン持ってきて遊んでたんだよな。

そしたらあまりに流行りすぎて、あるときベランダで対戦してたら先生らが
一斉摘発のためにやってきて、逃げ遅れた友達が詰問されてしまったんだよ。
その一件の後、すーっとブームが沈静化しちゃったんだ」

すると今度は彼がびっくりしていました。
全く同じだと。彼の地域でも学校で流行りすぎて、ある一人の生徒が先生に見つかり、
デジモンが没収される事件があったと、それ以来、デジモンブームは過ぎたと。

そのときね、やっぱり違う土地で違う環境で生まれ育っても、
やってることは一緒でバカなんだなと、思ったわけですよ。


どの学校でも校庭に犬が侵入してきたらみんな窓から顔を出して騒ぐし、
おにごっこ中、勢い余って頭からガラス窓に突っ込んで大怪我するし、
水泳の時間、誰も居ない教室に忍び込んで好きな子の服の匂いを嗅いでいたりするんですよ。
まぁ、後半はうちの地域だけだって話はあるんですけども。

そんなわけで、うちの地域でも同じように中学校の頃にデジモンブームが再燃して、
先生に怒られて沈静化したって話があったら教えてください。

あれから10年以上も経ちましたね。当時を振り返って一緒に飲みましょう。


  1. 2014/03/02(日) 23:13:28|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。