ドブ川見ながらカプチーノ

主張したいことはないです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ツイッターの第六感としての使い方




このブログ、主張したいことはありませんと銘打っているにも関わらず、
記事のどれもが何かしら主張していることに関して、やはり自分はこのスタイルしか
ないのだなぁ、と思います。

本当は、普段の日常についておもしろおかしく、脳のどの器官からひねり出した表現だよ、
ってくらいのメチャクチャな文章を書き綴る人になりたくてブログを始めたんですけれども、
やはり自分には合っていないというか、文章が続かないんですよね。

書いている途中で、「これは本当におもしろいのか?自分だけじゃないのか?」なんて
我に返ってシュンとしちゃう。すぐドリチンになってしまう。
全然自分には合っていないわけです。

そうして、最初から最後までギンギンに文章があふれ出てくる書き方は何だろうと
模索しているうちに、何かを主張するスタイルが張り付いてしまったわけです。
これだったら最後まで自分が楽しめるだろうと、後で読み返した時でも、
あの頃の自分はこんな事を考えていたのか、という思い出にもなりうると。そう思ったのです。

そんなことで、今回もギンギンにさせて何かを主張することにします。


最近、ツイッターで誰と交友するでもなく、面白いことだけを淡々とつぶやく人について、
その人がツイッターをずっと続けているのはどうしてだろう?とよく考えています。

ツイッターの本来の目的は、世界中の知らない誰かとコミュニケーションをとるものなのですが、
その手の人は一切、その目的で使うことはありません。ツイッターを通じて誰かと交友を深めたり、
オフ会に参加して顔見知りになったりということはないようです。

他の使い方はというと、ツイッターを通じて自分のネームバリューを上げるという
ものですが、(おそらく)タレントでもない身分で知名度をあげたからといって、
何か日常において得になるかというと、全然そんなことはありません。

ツイッターにはフォロワー数やリツイート数やふぁぼ数を競う文化がありますが、
そんなものを1万も1兆も獲得したところで1円にもお金に代えることができません。
牛乳瓶のフタみたいなもんで、クラス中から「多く集めたお前はすごい!」という評価を受けても、
世間から見ればただのフタですからね。
そんなフタ集めが本来の目的なのか?と考えるとそれでもないようです。

それでは、その手の人がツイッターを長年続けている意味はなんでしょうか?
とても不思議です。


7世紀の中国の詩人に、白居易という人がいます。この人は何か面白い詩が思いつくと、
道行く街の人に「なぁ、今から俺が詩を読むから、面白いかどうか判定してくれ!」と言ってまわっていました。

そうして「うーん、前半部分がちょっと分かりづらいような気もする」と返ってくれば、
また家にこもって詩の構成を練り直していたようです。

白居易が大事にしたことは、自分が面白いと思ったものが、一般人に伝わっているか?
ということです。いわゆる、センスを磨いていたわけですね。
いくら自分が面白い!と思っていても、それは自分だけ面白くて、客観的にみると
ゴミ以外の何でもなかった、ということはよくあります。

また、人に評価されるということは自分自身の傲慢さを抑えることにも繋がります。
他人が「面白くない」という判断を下したならば、それはつまり面白くないのです。
表現が悪かったか、素材そのものが悪かったのか分からないけれども、とにかく面白くないと。

それは素直に受け止めて、反省する。だけれども、自分の「面白い!」と思った感性だけは
否定しないで、その「面白い!」を他人になるべく純度100%で受け入れてもらえるように
表現を工夫する。白居易はそうやってセンスを鈍らせないようにしていたのです。

この話を知った時に思いました。
ツイッターは自分にとっての研磨剤みたいな使い方もあるな、と。

現代に白居易が生まれていたら、ツイッターでめちゃくちゃ詩をつぶやいていたことでしょう。
なにせ、散歩の途中や入浴中、食事中のふとした時に思いついたものをつぶやいて、
ものの数分で「面白い」か「つまらない」かを客観的に判定してくれるツイッターは
垂涎の道具だったに違いありません。

あくまで推測の域なのですが、淡々とウィットに富んだつぶやきを投稿し続けている人は、
自分のセンスをせっせと磨いていたのかもしれません。面白い視点を持ってそれを披露できれば、
普段の生活がより楽しくなるからです。

自分で「面白い!」と思ったものを全く公表せず、大事に大事にしまっているだけでは
その面白さは象牙の塔でしかありません。

ツイッターで馴れ合いを求め、ふぁぼを稼いで承認欲求を満たすのもいいですが、
ストイックに自分の審美眼を養い、日常を楽しむことを目指すならば、
ツイッターは1300年越しの夢の道具となりうるのです。

スポンサーサイト
  1. 2014/01/30(木) 00:11:28|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

僕の知識の円形ハゲ






自分がこれまで生きてきて、こんな所に知識の円形ハゲがあったなんて!と
ハッと気がつく時があります。

さすがに「富士山のことを知らなかった!」ということはありませんが、
みんなが知っているのに自分だけ知らないという状況を、
よくぞここまで維持できたな、なんて逆に感心することを紹介します。


最近知ったんですけれども、結婚するときに購入する指輪って、
「婚約指輪」と「結婚指輪」の二つ種類あるんですね。
僕ね、ずっと指輪は一つしか無いもんだと思ってた。
だから、婚約指輪はなくて、結婚指輪のみだと思っていた。

婚約指輪の方は、簡単に言うと数万円程度のサプライズ指輪のことです。
よくドラマなんかで、夜景の見えるレストランで
「僕と結婚してください」と、かめはめ波の手つきで箱を開けてみせる、アレです。

僕ね、その指輪も含めて、結婚指輪だと思っていたんですよ。
給料3か月分っていうでしょ。だからね、よくもまぁ、結婚も確約していない段階から
そんな高い金出せるなと、指のサイズが合わなかったらどうすんだと、
それで「ごめんなさい」とか言われたら「バカヤロー!」と叫びながら海に指輪を投げるけど、
お前そんなことしてたら結婚できるまでに破産しちまうぞと、思っていました。

それでいて、ジュエリーショップとかで二人の新婚さんが高そうな指輪を
どれにしようかとイチャコラこいてるシーンがあるでしょ。
今から思えばそれは結婚式に使う結婚指輪を選んでいただけなんだけど、
僕は「あぁ、この新婚さんはサプライズで指輪をプレゼントしないパターンなのか」
などと強引に納得していました。なんだよサプライズじゃないパターンって。

結婚すると薬指に指輪をつけますが、僕の頭の中には婚約指輪という概念はありませんから、
「よくもまぁ、100万円もする指輪を日常的につけていられるな」などと心配していました。
まさか、もう一方の指輪が金庫に大事に保管されているなんて思いもしなかったから。


「避雷針」というものがありますよね。調べてみると、
「落雷の際には避雷針に雷を呼び込み地面へと電流を逃がすことで建物などへの被害を防ぐ」
などとありますが、今の今まで、これを逆に覚えていたのですよ。

どういうことかというと、「避雷針」という言葉を読んで字のごとく解釈して、
雷が避ける針のことだと思っていたのです。雷が落ちることがないよう、
何らかのバリアを張って打ち返すような近未来の防衛施設だと思っていたわけなんですね。
だから雷の時は避雷針の近くに行けば大丈夫と、そういう理解だった。

本当のところは、「避雷針」が雷を一手に引き受ける形で雷を集め、それを地面に流して
近くの人に雷が落ちないようにするという仕組みなのですが、どっちの解釈でも、
「避雷針の周りに行けば安全」という点では一緒です。

全く逆の意味で理解していたのにも関わらず、避雷針が話題にあがったときは
何の違和感もなく会話ができていた。これってすごく怖いことじゃないですか。
なんか、後からゾッとしたね。全身に電流が流れたような感じがしたね。


知識の円形ハゲはこわいものです。自分がこの分野に関しては誤解がない、と確信していた気持ちを
一気に崩される感覚は愕然としてしまいます。

婚約指輪と結婚指輪の2つがあるということを紹介されている時、僕は常に違う所を見ていたし、
避雷針の本当の仕組みが紹介されている時も、僕は誰かと話しをしていて聞いていなかった。

なるべくならば、こんな事態は少なくしておきたいものです。
自分が80になって死ぬ間際に「人を好きになるってこういうことだったのか!」と
今更気がつくようなことにならないように。

  1. 2014/01/21(火) 22:52:58|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

良いコンビニ店員と悪いコンビニ店員




僕の近所は割と栄えているところなんですけども、スーパーがありません。
スーパー以外は全部そろってる。ちょうどスーパーだけ足りない。
これは非常に深刻なことです。

市場がないということは、物流ができていないということで、
どんなに歴史的建造物がそこにあったとしても人は集まってこないのです。
とにかくスーパーがほしい。ジャスコ。マックスバリューがほしい。
贅沢言うわけじゃないけども、家の隣に東北最大級のモールが建ってほしい。
空中廊下で繋がっていて、全天候型でショッピングさせてほしい。あと100万円分の商品券ほしい。

そんな嘆いていても腹は減るので、仕方なくコンビニで全ての用を足しています。
お昼ごはんもここ2年間、全部コンビニ弁当で済ませている。

幕の内弁当か、のり弁か、鳥そぼろ弁当の三択です。全部飽きました。
「昨日は幕の内弁当だったから、今日は鳥そぼろ弁当にしよう!」なんて変化つけたところで、
鳥そぼろ弁当は三日前に食べているんです。3種類の弁当を、だましだましクルクル回転させている生活を
2年間も続けていると、食に対する関心がガンガン減っていくんですね。初めて知りました。


そんなわけで、コンビニ店員と嫌でも顔合わせることが多いのですが、
最近、お会計の際に異様に気になることがでてきました。それは、


①僕が商品をレジに持っていく→②店員がバーコードを読み込む→③店員「お会計760円です」
→④僕が1000円札を出す→⑤店員が商品を袋に詰める→⑥店員が詰めた袋を渡してくる
→⑦僕が袋を受け取る→⑧店員「1000円をお預かりします。お釣りは240円です」→⑨帰る


この一連の流れが圧倒的に多いんですけども、どうしたって、⑥の商品を袋に詰めて渡すのは
⑧の清算が終わってからの方がいいですよね。

商品を袋に詰める手を止めてでも、お金の清算を先に済ませてもらった方がいい。
それはなぜか?お釣りをもらわないことには、財布がいつまで経ってもしまえないからです。

先ほどの①~⑨のやり方でお会計を進めてくる店員が大半なのですが、
このやり方だと僕が帰る直前まで、財布を手にもって、お釣りを待っていなければならない。
右手には商品の袋を持ったままです。両手が塞がっている状態では、
お釣りを受け取る時も小銭こぼしてしまう可能性がでてくる。

ところが、お金の清算を先に済ませてしまえば、財布をすぐにしまえるし、
商品の袋を受け取ってすぐ帰ることができる。とってもラクです。スマートに振舞える。スマホ。

「商品の袋を先に渡す→お金の清算」という流れだと、財布のチャックをしめて、
カバンにしまってからじゃないとレジから離れられないんです。
後ろに客がいれば、「なにをモタモタしていやがるんだ」とプレッシャーをかけられる。
僕は何も悪いことはしていないのに。
「先にお金の清算→商品の袋を渡す」という流れであれば、スムーズに後ろの客をレジに案内できる。
いいこと尽くめなのです。これができないコンビニ店員が、なんて多いこと!

よく観察していると、ベテランのコンビニ店員は、商品を袋に詰めつつ、
お客がお金を出し終わったのかをよくチェックしています。
お金の清算をまずは最優先にして、商品の袋詰めを後回しにしている。
要するに、視界が広いということです。

サッカーでも、ベテランの選手は視界が広いですから、絶妙なパス回しで
相手を翻弄します。それと全く同じです。コンビニのレジというフィールドで、
その華麗なパス回しで僕を翻弄してもらいたいんですよ。心のネットを揺らしてもらいたい。
会計が終わったらユニフォーム交換がやりたい。僕はそう思っているんですよ。

駆け出しのコンビニ店員はとにかく視界が狭いです。
僕が1000円札を出して憮然として立っているのに、いそいそと商品を袋に詰めているんですよ。
いやね、あなた、いつまで僕に財布を持たせている気なの?いつまで僕の財布のチャックを開けさせている気なの?
商品の袋を渡してきて、僕はどっちの手でお釣りを受け取ればいいの? そんな風に思うわけ。
客の立場に立てば絶対に、商品の袋を先に渡しちゃえ!なんて思わないはずです。
なのに、こんな簡単なことができないコンビニ店員が多すぎる。

スーパーのレジだってそうじゃないですか。先にお金の清算をするよね。
そのあと、商品を袋に詰めるよね。考えたら分かるじゃない。

客からお金を受け取る前に店の商品を先に渡すなんて、無用心ですよ。
僕がお金払わず簡単に持ち逃げできるじゃないですか。考えたら分かるじゃない。

こうなったら僕がコンビニのマニュアルを書くしかない。
一太郎を使って書くしかない。そうしないことには、このイライラは止まらないんだ。
商品を先に渡す悪習は、俺が取り除いてやるんだ!


そんなことを思いつつ、今日も今日とて幕の内弁当を買いにレジに置いたら、
店員が先にお金を清算してきました。

そう!これよこれ。これが理想なのよ!なんて思い、
ルンルン気分でお会計を済ませたら、なぜか満足してそのまま店を出てしまいました。

「お客さん!商品をお忘れですよ!」

なんて店員さんにダッシュで追いかけられて、
恥ずかしいやら申し訳ないやら不甲斐ないやらで顔を赤くさせながら、
「なるほど、これを防止するためか・・・」なんて思ったのでした。



  1. 2014/01/14(火) 23:39:07|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

就活生に教えたい面接突破の作り話の作り方



突然なんですけども、「好きなタイプは、一緒に居てラクな人?」
みたいな事言う輩いるじゃないですか。イケメンとか、人より稼ぐ男よりも、
内面を見ている私、どう?上っ面に左右されない考えている私、どう?
という表面的なアピールのあれです。

なに言ってやがんだタコ助野郎といったところですが、
これに関して、いろいろと考えていきたいんですよ。

「一緒に居てラクな人」について定義すると、接しやすく気の置けない、
要はお母さんみたいな人のことですよね。

自分がスッピンで歩いていようが、スウェット着てダラダラしていようが、
お母さんの前だったら何も気にしなくていい。自分が辛い時、お母さんの前だったら涙を流せる。
かっこつけなきゃ!と一つも思わなくていい。これこそ、真の一緒に居てラクな人ですよね。

じゃぁ、どうしてお母さんは一緒に居てラクな人になりうるかというと、
そりゃぁ、自分のおしめを取り替えてくれていた時からの人ですから、今更何を気張ったところで
しょうがないわけです。笑った顔も泣いた顔も喜んだ顔も怒った顔も全て、
お母さんに見せているので、「こんな顔をしたらどう思われるかな?」なんて
いちいち考えずに、ストレートに感情を吐露できるわけ。これが一番の要因ではないでしょうか。


さてさて、世の中には「私の思っている○○じゃない!」という場面がありますよね。
例えば、僕は女性の前で下ネタを話さないようにはしているんですけども、
男に対してだったらよくゲス話をしているんですよ。

そりゃもう、同性には遠慮する必要ないですから、この前観たAVがどうのとか、
マッサージモノよりは産婦人科モノとか、密林になっていないと興奮しないとか、
その道に関する海千山千の手練トークで楽しむのです。

そうすると、たまにそんな話が女性の耳に入ってしまったりして、
「dattoくんってエッチなビデオとか観るんだね。ちょっと意外」だとか、
「イメージと違ったわ」とか、「そういうのに興味ないと思ってたのに。ないわー」とか、
散々に言われて、結果引かれることが多いんですよ。

もうね、僕から言わせれば、なに引いてんだよタコ助野郎って話じゃないですか。
「私の思っているあなたじゃない!」→「ドン引き」という図式になると、
その人に対して自分の公式キャラクターしか見せることができなくなるよね。

普段はそんなにしゃべらず、ゲスい話もせず、そこそこに毎日を過ごしている、
という公式キャラクターしか認めてくれなかったら、辛いですよ。
それこそ、そんなタコ助をパートナーにしてしまったら、キャラクターじゃない生身の、
舞台裏の自分を出せずに日々を過ごすことになります。それは全然一緒に居てラクじゃない。

これは本当によく思うんですけど、どうして
「私の思っているあなたじゃない!」→「こんな一面もあったんだ!」→「もっと知りたい!」
という風に作用しないのか、と思いますね。これが一番の理想の形じゃないですか。

世の中、自分のイメージ通りじゃないとドン引きっていう層、多すぎやしませんか。
「この娘、清純派だと思っていたけど、意外とロックな性格もしてるみたい。興味湧くなぁ」
と作用した方が、絶対楽しいですって。シンガーソングライターのYUIは実はロック趣味で、
金髪にして音楽路線を180度変えたことがありましたけど、
それでイメージが崩れたから萎えたという層はやっぱり多いよね。もったいない。


話はだいぶ逸れました。本題に移ります。
「好きなタイプは、一緒に居てラクな人」と言っているあなた、
あなたこそが、まさに企業の面接官であるのですよ。

企業側もですね、不安に思っているんです。
こいつは、表面的な所で憧れを抱いているばかりで、舞台裏をのぞいたらドン引いてすぐに
萎えて辞めてしまうのではないか?ということ。

タレントがファンと付き合わないことの一つに「ファンはタレントのキャラクターだけを見ていて、
それ以外の生々しい人間的な部分を見ると興味を失って引いてしまう」ということがあります。

「普段から物静かなあなたが好きです!付き合ってください!」だけしか言わない人は、
正直言って不安です。普段見せない物静かではない僕を見たあなたはどんな顔をするの?と思うから。

「子どもが好きです!だから保育士になりたいです!」だけしか言わない受験生は、
正直言って不安です。保育士の裏の地道な作業を勘定に入れていないから。


さて、話をまとめると、面接を突破するためには志望動機を固めることが重要ですよね。
それも、ただ「○○が好きだから」という動機だけでは面接官が不安がるというのは、
すでに散々言い尽くしました。では、どういう風に固めていくのか?

「私の思っている○○じゃない!」→「こんな一面もあったんだ!」→「もっと知りたい!」

この黄金式です。これに当てはめるだけで、面接官を安心させられます。
保育士を例にして志望動機を考えてみましょう。


「子どもが好きだから保育士になろうと思った」

「大学の頃、保育園での実習があって仕事をさせてもらったが、
思った以上に行事や出し物の準備が多く、面食らってしまった」

「自分のやりたい事はこんなことじゃない。保育士に向いていないのでは、と悩んだ」

「しかし、準備をした行事や出し物は、どれも子どもたちを喜ばせるものだった。
地味な裏方の仕事は、子どもたちと深く接するためのものであることに気づいた。
そう思ってから、より一層、保育士の仕事に興味を持った」


この志望動機であれば、面接官の不安は解消できるはずです。
保育士という仕事をキャッキャウフフのキャラクターとしてではなく、
生の現場として見ていますよ、というアピールになりますよね。

上記の黄金式はなにも面接だけでなく、気になる相手を口説き落とす時にも
使えたりするので便利で万能ですよ。アロエと並んだな。

  1. 2014/01/10(金) 01:50:18|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。