ドブ川見ながらカプチーノ

主張したいことはないです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

逆に「バレンタインデー中止、中止宣言」


この前はクリスマス中止のお知らせ!というのがネットで流行ってましたけど、
今度はバレンタインデー中止のお知らせ!が流行っているみたいです。

この分だと、こどもの日中止!ゴールデンウィーク中止!海開き中止!
紅葉中止!ハロウィン中止!さっぽろ雪まつり中止!町内カラオケ大会中止! 
となって、1年間の全ての行事が中止されてしまう危険性もあります。



で、思うんですけど、こういうイベント事を中止だ中止だと言ってるのは
男だけなんですよ。男ってどうしてだか行事にそんな盛り上がりをみせないね。
合唱コンクールで「ちゃんとこの行事を成功させようよ!」と泣いているのは
たいてい女子じゃないですか。男子は「うっせ!関係ねーよ!」ってワラワラする。
男女に温度差がある。黒点とプロミネンスくらい温度差があるわけですよ。

女性だって、いくらモテないモテないとはいいつつも、やっぱりイベントが大好き。
女兄弟がいる人は分かると思うんですけど、やっぱり家でイベントを取り仕切るのは
姉とか妹とか母親じゃないですか。

はーい!今日は節分ですよー!とか、ひなまつりだよー!とか、
男はそれについてくだけで、基本的に女性が音頭をとりますよね。

これが男しかいない家族だったら全然違う。もう、イベントも行事もなしに
1年間が淡々と進む。上りも下りもなく、ただただ平行線で日常が繰り返されていく。
それがまた落ち着くというのもありますけど、女性がいる・いないでその家の
雰囲気がずいぶんと変わります。

「女はイベント事を大事にするから、付き合ってから記念日をおろそかにすると
すごく怒られるよ」というのを聞いたことがあります。
記念日くらいなんだ、なんて思っていると大変なことになります。怖いですね。



そんなわけで、男による男のためのバレンタインデー中止宣言が出たわけですが、
逆チョコしてあげるというのもいいかもしれませんね。

チョコがもらえないと嘆くなら、いっそチョコをあげる立場になればいい。
女性はイベントが好きだし、男もチョコをあげる側なんだから気後れする事もない。
もしかしたら、好きなあの子に気に入られて、いい雰囲気になれるかも。

みなさんにとって、素敵なバレンタインデーになりますように。 

2月15日15:58 現在。


  1. 2012/02/15(水) 15:34:58|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

あか太郎



旅先で足湯に浸かってきました。

足湯ってすごく今の世の中にフィットしてるなぁって思いますよね。
立ち食いソバとか、ファストフードとか、カップラーメンとか、
すぐにチャチャっとできるものが人気になってる。
現代の人たちはF1よろしくスピード感があるのものを支持してる。

そこへいくと、足湯なんて気持ち半分で入れるので最高なんですよ。
全身脱がなくても、靴下脱いで裾をまくるだけで入れちゃう。そして温かい。
なおかつ無料。気軽に楽しめて思い出にもなる。
ジャンクフードを主食とした現代っ子にはたまんない温泉となっております。


そんな足湯なんですけど、よく見るといっぱい垢が浮いているんですよ。
あぁ、やっぱりおじいちゃんおばあちゃんも、何だかんだ言って足湯が好きなんだな
と思ったのですが、ここで一つ疑問がでてきました。

果たして垢がいっぱい出るのは年配の方なのか?

イメージとしては、お風呂で垢を流すのは年配者だと思うわけじゃないですか。
僕のおばあちゃんも、お風呂では洗濯板かよと思うほどゴシゴシ身体を
こすっていた記憶があります。

テレビ的にも、やはりお風呂に浸かって垢がいっぱい出るのは
おじいちゃんやおばあちゃんである、みたいな前提で放送するじゃないですか。

そうなってくると、「年配者は若者よりも新陳代謝が盛んである」という図式です。
ここが疑問なんです。

垢が出るというのは身体の細胞が入れ替わってるという事ですよね。
要するに、新陳代謝が盛ん(若いから)なので垢が浮き出るということ。
ということは、年配者なのに垢がいっぱい出るなんて正面から矛盾することになる。

本来だったら赤ちゃんが垢出なきゃいけないんですよ。
10代、20代の若者が垢出なきゃいけないんですよ。新陳代謝が早いから。

女性誌でモデル飾ってあるあの子も、ドラマで人気なあの女優も、
平気な顔してるけど実際は垢ばっかりなんだぜ、というお話ですよ。

それなのに、イメージでは年配者の方が垢がよく出ることになってる。
年をとればとるほど新陳代謝は遅くなっていくのに、これではおかしい。
考えれば考えるほど不思議なことです。


足湯で垢が浮いているということは、もしかしたら年配者が多いのではなくて、
若者が多いからなのではないか。事実はもしかしたら逆なのではないか。
そんな事も想像できるわけです。

詳しいことは僕も専門家じゃないのでよく分からないですけど、
この疑問はどこかにぶつけて解消させないといけないでしょう。
これからは自分のイメージで物事をとらえずに、頭でちゃんと考えて自分なりの
意見を出していきたいです。という手垢のついた言葉でシメさせていただきます。


  1. 2012/02/13(月) 11:49:38|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

天使にラブソングを


この前、AKBの子が慶應ボーイと付き合ってるってことが問題になってました。
AKBは、表向きでは「恋愛禁止」となっていますけど、やっぱりなんだかんだで
中身は若い女の子なんですね。ちゃっかり裏で恋愛を楽しんでました。

僕は別にAKBファンでもなんでもないですし、恋愛してた所でどうこう言う気では
ないですけど、やっぱりなんかこう、今回の騒動に違和感があるんですよね。

よく声優さんが男と付き合っている事が発覚すると
「キャラクターに似合わないことをやらないで!」
「キャラクターに生を吹き込んでいる自覚があるのか!」
なんて怒るファンがいるんですけど、そんな事言うのもやっぱり変だなぁって思う。


なんでこんな違和感があるんだろう?と考えた時に、一つだけ思ったことといえば、
性的タブーがある職業はアイドルかシスター以外にないってことです。

シスターといえば、修道院にいる女性ですよね。神に仕える女性。
神に人生を捧げて、一生の間は処女を貫き通す。貞操の塊のような職業です。

アイドルという存在はこのシスターにすごく似ているんですよ。
アイドルになった以上は神に誓って貞操を守ることをファンは望んでいる。
一切の男女関係は許されない。もしそんな事がバレたら即やり玉にあげられる。

もはやそんな感じですよね。アイドルが一種の宗教的意味合いを帯びてる。
そこにすごい違和感を覚えるわけです。

最近出てきたアイドル声優でも、やっぱり「アイドル」がつくと宗教チックになって
ファンからは貞操を守るように要求される。元々そんな義務もないんだけど、
身の回りは清潔であるように要求される。それってホントかよ?って思いませんか。


「AKBは恋愛禁止だから」という理由で今回2人やめちゃったわけですけど、
まさにシスターが一線を越えてしまったがゆえに修道院を追い出されたような
構図になってますよね。

ここまできたら、むしろシスターがアイドルユニットを組むと相性いいんじゃないか。
今までに無い組み合わせだけど、性格的にはすごくシナジーがかんでる。
デビューシングルはこれで決まり「主よ、会いたかった」



  1. 2012/02/12(日) 22:42:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

はじめに



なんでもそうですけど、1発目の挨拶ってなにしていいか分かりませんよね。
それではみんなー、自己紹介してー と言われた時も、
やはり最初に指名されてしまうとどこまでの範囲まで紹介すればいいか分からない。

自分の名前、出身、あと少しの趣味をチョロっと言って「よろしくお願いします」
だけで終わらせるのか、それとも大盛りカツ丼よろしくガッツリ自己紹介するのか。
どっちがいいんだろう。

僕が1番目になったらやはり盛り上げないといけない!と思って生い立ちから
最近ハマったこと、そして少しの一発ギャグをかませます。
まぁ、いい感じでバトンを渡す努力をするんですけど、それなのに2番目の人が
普通に淡々と自己紹介し始めた場合はどういう顔していいか分からないよね。

えー、お前は俺に続かないのー うそー それはうそやーん 
3番目の人も普通に自己紹介しはじめたしー
なんか俺の頑張った感が可哀想なことになってるしー めっちゃ帰りたいわー

みたいになるね。だから1発目の挨拶は怖い。恐ろしい。
だいたい型が決まってくる5番目がいい。 
5回記事書いてから、はじめの挨拶の記事書くか。



最初っから戦々恐々しててもしょうがいないので少しだけ書いておくと、
これは元々自分でやってた二番煎じというホームページをやめて、
ブログとして新しく再スタートさせたものです。あんまり新しいことはしないです。

じゃぁ、なんで今更ブログなんだよ? という疑問もありますが、
やっぱりホームページは重いんですよね。何もかも自分で整理しないといけないし、
記事を書いたら書いただけ新しいページ作ってそこで編集させなきゃいけないし、
管理もめんどくさいし、じゃぁ初めからブログでやれよって話なんですけど
まぁ、そこは僕の茶目っ気に免じて許してください。

それでは。




  1. 2012/02/12(日) 00:57:10|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
前のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。